【ウマ娘】チームリギルの勝負服を実際の競走馬と比較してみた

ウマ娘たちの勝負服のモデルは実在の競走馬やジョッキーの勝負服!

ウマ娘たちがレースの際に着ている大切な「勝負服」は実在の競走馬や、ジョッキーの勝負服がモデルとなっています。

今回は前回のチームスピカに引き続き、チームリギルのウマ娘たちと実在の競馬の勝負服を比較してみました!

ウマ娘と実在の競走馬の勝負服を比較

シンボリルドルフ

シンボリルドルフ個別衣装

実際のシンボリルドルフ

トレセン学園の生徒会長、シンボリルドルフの勝負服のカラーは緑と赤!

競走馬シンボリルドルフは史上初の七冠馬で、名前とその競走成績から「皇帝」と呼ばれていました。

エアグルーヴ

エアグルーヴ個別衣装

エアグルーヴの勝負服のカラーは青と黄色!

ウマ娘のモデルになった競走馬には牡が多いですがエアグルーヴはなんと牝!しかしながら、牡馬と互角以上に渡り合った戦績から「女帝」と称されました。

ナリタブライアン

ナリタブライアン個別衣装

ナリタブライアンの勝負服カラーは白と紫(ピンク?)。

競走馬ナリタブライアンは興奮しやすく、臆病な馬だったといいます。しかし、自分の影を怖がらないようにシャドーロールを装着したところ力を発揮。シャドーロールの怪物と称され愛されました。

ヒシアマゾン

ヒシアマゾン アイドル 実際のヒシアマゾン

ヒシアマゾンの勝負服カラーは白と青!

競走馬ヒシアマゾンはアメリカで生まれて日本で調教を受けた外国産馬。ちなみに、当初名前は「ヒシアマゾネス」になる予定だったんだとか。

しかし、馬名登録申請したところ却下されてしまい現在の「ヒシアマゾン」という名前になったそうです。

エルコンドルパサー

エルコンドルパサー個別衣装

エルコンドルパサーの勝負服カラーは青、黄色、赤!

お父さんから譲り受けたというマスクをしているエルちゃん。このマスクの由来について調べてみるも、謎でした(笑)
趣味がプロレス観戦ということで、そこから来たものなんでしょうか?エルコンドルパサーもアメリカ生まれです。

グラスワンダー

グラスワンダー個別衣装

グラスワンダーの勝負服カラーは青と赤と白!制服風の衣装がかわいいグラスちゃん。

競走馬グラスワンダーは的場均騎手が「僕の騎手人生の中で巡り会った、最高の馬だと断言できる。それだけもの凄い馬だった」というほどの凄い馬だったそうです。

しかし、3歳以降からは怪我に悩まされ続けた馬でもあります。

性格は「落ち着いているというより落ち着きすぎ」と言われるほど日常的にはとても大人しい馬だったんだとか。

テイエムオペラオー

テイエムオペラオー個別衣装 実際のテイエムオペラオー

テイエムオペラオーの勝負服カラーはピンク、黄色、緑。

競走馬テイエムオペラオーは長らく獲得賞金の世界記録を保持していたことでも有名ですが、競走馬総合研究所が発表したテイエムオペラオーを対照にした研究結果によれば、平均より非常に心拍数が低く、大きく強い心臓を持っていたことがわかったそうです。

マルゼンスキー

マルゼンスキー個別 実際のマルゼンスキー

マルゼンスキーの勝負服カラーは黄色と赤。

1976年に中央競馬でデビューした競走馬で、70年代に起きた外国車ブームの中により「スーパーカー」と呼ばれ愛されました。

そんなマルゼンスキーは日本競馬史における最強馬とも呼ばれるほどすごい馬だったそうです。


最強チームリギルの活躍もアニメでしっかり描かれるのかな〜。凄い馬ばっかりだからレースが楽しみ!

トップへ戻る