【ウマ娘】無敗のウマ娘まとめ。伝説級のすごい馬も!

実際のマルゼンスキー

生涯無敗のウマ娘

実在の競走馬をモデルとしたウマ娘は現時点で60人実装されていますが、中には生涯無敗のまま引退したウマ娘も存在しています。今回はそんな無敗のウマ娘をご紹介!



無敗のウマ娘たち

マルゼンスキー 8戦8勝

ウマ娘 競走馬
マルゼンスキー個別
生涯成績 8戦8勝
獲得賞金 7660万1000円
血統 父:ニジンスキー
母:シル

1976年10月9日「3歳新馬」でデビュー、1977年7月24日「短距離S」で怪我をしてそのまま無敗で引退。

レース名 着順 勝ち馬(2着)
3歳新馬 1 (オリオンダーダ)
いちょう特別 1 (シャダイエッセイ)
府中3歳S 1 (ヒシスピード)
朝日杯3歳S 1 (ヒシスピード)
オープン 1 (ジョークィック)
オープン 1 (ロングイチー)
日本短波賞 1 (プレストウコウ)
短距離S 1 (ヒシスピード)

アグネスタキオン 4戦4勝

ウマ娘 競走馬
生涯成績 4戦4勝
獲得賞金 2億2,208万円
血統 父:サンデーサイレンス
母:アグネスフローラ

2000年12月2日「3歳新馬」でデビュー、2001年5月2日に左前浅屈腱炎を発症し8月29日に引退発表。

レース名 着順 勝ち馬(2着)
3歳新馬 1 (リブロードキャスト)
ラジオたんぱ杯3歳S(G3) 1 (ジャングルポケット)
報知杯弥生賞(G2) 1 (ボーンキング)
皐月賞(G1) 1 (ダンツフレーム)

フジキセキ 4戦4勝

ウマ娘 競走馬
実際のフジキセキ
生涯成績 4戦4勝
獲得賞金 1億2,965万円
血統 父:サンデーサイレンス
母:ミルレーサー

1994年8月20日「3歳新馬」でデビュー、1995年3月24日左前脚に屈腱炎を発症していることが判明しそのまま引退。

レース名 着順 勝ち馬(2着)
3歳新馬 1 (シェルクイーン)
もみじS(OP) 1 (タヤスツヨシ)
朝日杯3歳S(G1) 1 (スキーキャプテン)
報知杯弥生賞(G2) 1 (ホッカイルソー)

無勝のウマ娘

逆に、一度も勝ったことないウマ娘と言えば113戦0勝のハルウララちゃん!

エリート揃いのトレセン学園に一体ウララちゃんがどんな手違いで(?)入ることになったのかは謎ですが、可愛さと元気はとにかくピカイチ!見ている人に元気と勇気を与えてくれる素敵なウマ娘ちゃんです。

ウマ娘 競走馬
生涯成績 113戦0勝
獲得賞金 112万円 (地方)
血統 父:ニッポーテイオー
母:ヒロイン

伝説級のすごい馬

クリフジ

他、日本調教馬ではホウリンが16戦16勝、地方ではツルマルサンデーが15戦15勝、中央ではクリフジが11戦11勝を記録。
クリフジの生涯成績11戦11勝は日本競馬における現在に至るまでの主要な競走(八大競走など)を含む最多全勝記録となっています。

キンチェム

カマレロ

ちなみに海外ではキンチェム(1874-1887年)というハンガリーの競走馬が54戦54勝という驚異的な記録を打ち立てましたが、その後プエルトリコの競走馬カマレロ(1951-1956年)が56連勝を記録。
プエルトリコ競馬のレベルは世界的に高くなく、カマレロの生涯獲得賞金も43,552.95ドル程度ですが、ポニーのように小さい体でありながら1953~1956年の4年間に77戦73勝という記録を残したのは相当すごい…

ちなみに伝説のウマ娘エクリプスさんはヒートレースや障害競走など、平地競走以外での無敗馬として18戦18勝という記録を持っています。

エクリプス

無敗ってどんな評価なの?

【ウマ娘】雑談掲示板
雑談掲示板だよ! ありがたい事にコメントも増えてきましたので、ウマ娘関連の話題を自由に雑談できる掲示板を作りました! アニメやグッズ...

名無しのトレーナー 2018/09/25(火) 22:48:09
無敗馬を調べてて思ったんだけど、無敗馬ってどんな評価されてるの?
ルドルフみたいな感じ?
それよりは劣るけど強いって感じ?

名無しのトレーナー 2018/09/25(火) 22:55:51
タキオンさんとかのことかな?
健康面も評価の一つだからなんともいえない
オルフェもキタサンも2、3歳では負けまくってたし
全盛期の評価で言えば互角で距離や展開で勝敗が決まるレベルだと思う

名無しのトレーナー 2018/09/25(火) 23:07:27
ダノンプレミアムさん「おっ、史上最強馬のワイの出番やんけ」

名無しのトレーナー 2018/09/25(火) 23:10:32
ダノンさんは2000以下では最強説あるから・・・

名無しのトレーナー 2018/09/25(火) 23:13:21
牝馬で11戦無敗でダービー、オークス、菊花賞の変則三冠を取った馬なら伝説になってる。

名無しのトレーナー 2018/09/26(水) 00:28:46
野平師「クリフジは別格。たとえルドルフでさえ、比較にもならない」

名無しのトレーナー 2018/09/26(水) 00:11:27
無敗馬ってだけなら割といるからなぁ・・・
特に地方競馬だと88年から91年にかけて10戦無敗のアクチブハトリがいるし。

まぁ○○より強い論争は走った時代によって芝とか、日時によっても馬場状況とかで差があるから、あんまりあてにならない。
同じレースを走って初めてつけれるもんだと思ってる。

名無しのトレーナー 2018/09/26(水) 00:17:26
極端な話、セントサイモンやキンチェムは、ほぼ間違いなく「当時の世界最強馬」だったろうけど、現代で通じるかは判らんしな

名無しのトレーナー 2018/09/26(水) 03:37:20
無敗馬って≒で早期に引退した馬って印象。
4歳5歳とキャリアを重ねていけばルドルフだろうとディープだろうとどこかで星は落とすもんだし


無敗ってすごいけど怪我や当時の状況もあって「悔しい」って想いも多い多いんだろうな…でもウマ娘のアプリなら無敗記録を延ばすことだって可能!アプリでやりたいことありすぎてテンパりそうです。

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:03:30 返信

    トキノミノル「無敗の二冠馬が忘れられてる・・・」

  2. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:12:50 返信

    ラムタラという無敗でヨーロッパ三大競走完全制覇(イギリスダービー・キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス・凱旋門)した馬

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:38:48 返信

      強さも早熟性も抜群
      これは大種牡馬になるやろなぁ

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:02:43

        真面目に考えたら失敗の理由は
        1.日本適正皆無
        2.ピルサド兄さんみたいに勝負根性こそが強さでそれが継がれなかった
        3.オグリやオペラオーみたいな引き継がれない突然変異な強さだった
        のどれかかなあ

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:58:00

        日高ではマルゼンの血がバラまかれていたので、適性のある牝馬がいなかった事も

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:39:32

        気になって調べたけど、なんでジェイエス(企業)はラムタラを買おうって思ったんやろね。同じニジンスキー産駒のマルゼンスキーがまだ元気なのに。
        普通別の血統の馬を探すと思うのに、バブルの浮かれがあったんかな?

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:52:41

        そんな馬をなぜ売ってくれたのか、
        という所に集約されるのだろうか

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 00:00:06

        ラムタラが成功できない理由

        マルゼンスキーと同じニジンスキー産駒だからマルゼン印の牝馬には種付けできない(近親相姦なんて絶対碌なことにならない)

        ラムタラの真価は肉体面よりも類まれなる勝負根性によるところが大きかった(主戦騎手のデットーリも言っている)

        あともしかしたら社台が誇る大種牡馬サンデーサイレンスに対する対抗心があった、かもしれない

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 00:10:32

        サンデーは金出せばどこの馬産地の馬でも付けられたから
        日高ならではの血統の馬を生産して(当時流行し始めたブランド牛みたいに)ブランド化しよう、って言う考え方でニジンスキー系の大物に目を付けたんじゃないかな?

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 01:01:23

        当時は○外とSSの天下で、折りからの不況もあわせ、産駒を売って生計を立てていた日高の牧場が苦境に立たされ始めたころでもあった
        だからこそ、産駒に価値を与えるために新しい評価軸を求めざるをえなかったってのはある

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 01:33:03

        大枚叩いてサンデーを買った吉田総帥は、アメリカで笑い者になったんや

        結果論ならナンボでも語れる

    • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 00:48:55 返信

      ヨーロッパで無双する馬は日本ではダメな印象
      フランケルさんはかなり頑張ってるみたいですが

  3. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:15:54 返信

    こういうのってたまに思うんだけど例えば4戦4勝で5戦目予後不良の場合無敗なのかそれとも負けカウントになるのか
    普通に考えたら後者なんだけども

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:52:53 返信

      競走中止は負け扱いでしょ。
      出る前に走れずに取り消しなら負けかどうか微妙だけど。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:32:31

        つまりシンボリインディタイプの予後だと…(シンボリインディはスペグラの有馬でブービー等負けてるのだが)

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:31:41 返信

      無敗馬では無いけど朝日杯で2着入線後予後不良になったタガノテイオーが、公式記録だと2着扱いだから生涯連対率100%ってことになってるのを見るに、5戦目で1着入線後予後不良なら無敗カウントになるかと

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 19:22:38

        男藤田曰く「まともに走っていればぶっちぎってた」なタガノテイオー…あの最期は悲しかったな

  4. 名無しの阿寒湖 2018/09/28(金) 18:29:28 返信

    「全勝するよりネームバリューになる一勝!!」

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:37:09 返信

      Stay Gold
      2戦2勝無敗

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:53:54

        海外の戦績だけ持っていくなよw
        国内48戦5勝を付けろww

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:21:51

        Stay Gold「ステイゴールドとかいう善戦マンwww」

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:57:09

        黄金旅程「48回も走って1回もG1勝てないまま終わるとかw俺なんてG1勝率100%だぜwww」

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:56:52

        ピッコロじゃねーんだから分裂するな!

  5. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:35:46 返信

    アグネスタキオンが現役を続けてたら、ダノンプレミアムやらかしてた可能性はあったんやろか

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:45:53 返信

      可能性は十分あるだろうね
      ダービーでは府中でジャンポケと戦うことを考えたら皐月までの力量差をもとに確勝とは思えない
      でも産駒もダービー勝ってるからタキオンも適正はありそうだしな…

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:56:17

        個人的にはダービーは勝って菊花賞で負ける感じかな。
        タキオンは同期世代が結構強いから古馬になってからはどうかわからん。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:24:41

        97と01はifを語るだけで徹夜呑みできてしまう

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:44:05

        何となく菊花賞でマンカフェがライスシャワーしそうな気がするんだよな・・・

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:40:31

        いいね。刺客マンハッタンカフェとかカッコいいやん

    • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 00:50:45 返信

      ジャンポケは東京鬼だしマンハッタンは屈指のステイヤー。
      苦戦はあっただろうね。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 01:38:30

        ダービー以上に01JCにタキオンがいたらってifが気になる

        和田・テイエムオペラオー
        ペリエ・ジャングルポケット
        河内・アグネスタキオン

        バケモンしかいねぇ()

  6. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:54:19 返信

    マルゼンスキーはともかく、フジキセキとアグネスタキオンは負けるまで走らなかっただけの話だしな
    その先を見てみたかったとは思うけど、無敗だからすごい! とはちょっと違う感じがしなくもない

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 18:59:39 返信

      「走れなかった馬」と「走る場所の無くなった馬」の差はあるよな。
      マルゼンとかは「強かったんだぜー」って言っても無条件で納得できるけど、
      フジキセキとかタキオンは「でも脚弱かったから引退したんでしょ?」って言われると反論できないもんな。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:11:58

        おかげさんでネタにされてると思えば多少は浮かばれるでしょう

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:32:56

        TTG「白髪鬼じゃ相手にならねーよ……逃げんのか、スーパーカーさんよ?」

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:33:12

        三強の三番手でさえ下の世代の精鋭を切って捨てるのが伝説のTTGだからな……

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:33:55

        当時高松宮記念すら出走制限受けてたからTTGと対戦できなかったんだよな・・・
        てか当時の制限で走れる(TTGも出るような)レースって何があるの?

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:40:03

        タニノチカラ「ここは70年代最強の評価を持つ自分が・・・マルゼン何とかなんて大した事ないでしょ?」

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:07:02

        >>てか当時の制限で走れる(TTGも出るような)レースって何があるの?

        だからそれが、マルゼンスキーが出走せず引退した有馬記念だったんよ

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:30:30

        マルゼンスキー陣営に無敗を守りたい気持ちがあったことは否定できんわな
        有馬記念を回避して引退したのは

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:46:58

        そして「そこにいないマルゼンスキー」の幻影に振り回され続ける馬生を送ったプレストウコウが、ここでもまた…

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:47:26

        有馬の出走制限って2000年から6年間だけだったのか、知らんかったわ。
        てかなぜその期間だけ制限付けたし。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 06:01:17

        マルゼンスキーに関しては調整中に屈腱炎起こしてる(夏に起こしたものの再発)からねぇ

        それでさえ脚の不安がかなりあったのに、患部を痛がる素振り見せてたら、
        いくら軽傷言われても、はたして無事にゴール板にたどり着けるか…ってなるのはしょうがないわな

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:55:48 返信

      TTGと有馬で走る前にマルゼンスキー引退したのは最近で言うと13年の宝塚でオルフェが回避したとき以上のガッカリ感だったんだろうか

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:47:19 返信

      全員揃うと必ず3頭で上位独占し全員有馬記念勝ってるという最強の3強

  7. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:17:10 返信

    無敗で引退した馬の評価は種牡馬として成績かもしれないね。
    そういう意味じゃ上に出てる3頭は凄い。

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:03:45 返信

      キンカメは種牡馬として失敗してたら究極の一発屋扱いで終わってた気がする
      夢の第11レースに呼ばれることもなかったであろう

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:27:17

        …夢の第11レースの中では、キタサンがinするなら真っ先にoutされそうなポジションではある(小声)

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:42:38

        キンカメは有馬まで健在でいてほしかった
        ディープとの新旧王者対決盛り上がっていたのは確実だった

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 00:52:30

        キンカメVSディープ
        今まさにリーディングで戦ってる連中だな

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 08:08:52

        キンカメ無事ならディープにも勝てるって言われてたなあ。同じ馬主だからあれだけど

        ハーツが勝つのは同じで有馬の後冷え冷えなのは変わらなそう

  8. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:31:50 返信

    エクリプスは単走レースも勝利に含んでるけど、事実上の不戦勝みたいなものか

  9. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:42:47 返信

    キンチェムの54戦無敗は、汽車や汽船の時代に6ヶ国で勝ったり、1ヶ月で9連勝したり5日間で3連勝したり、76.5背負って勝ったり、もう槍対砲台

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:48:26 返信

      誤字で芝

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:06:13

        そら槍と砲台が戦うようなもんだよな~(煽り

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:35:37

        はるばる汽船でやってきた砲台が怖くて回避しまくる、英国紳士ご自慢の槍ども

  10. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 19:56:44 返信

    ダービー牝馬として並び称されがちな
    ウオッカとクリフジだけど、
    戦績全体見たらウオッカでは及びもつかない領域だなあクリフジ。

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:08:46 返信

      あの時代に牝馬で牡馬を蹴散らしてレコードで走るなんてバケモンみたいな馬だな・・・

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 20:41:58 返信

      今後オークス、ダービー、菊花賞を勝つ牝馬なんて現れないだろうな。時代が時代ってのもあるけど。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:09:40

        現代のローテでそれはねーよw

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:50:54

        今年の日程でみると
        オークス5月20日
        ダービー5月27日
        あかん・・・これはむりや・・・

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 03:07:22

        不可能とまではいえないがオークスとダービーを連闘して勝利するのはほぼ無理だな。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 18:09:55

        テイエムオーシャン「確かに私の記録と比べれば、不可能ではないわね」

      • 名無しのトレーナー 2018/10/15(月) 11:11:48

        会長「えっ、一週間も有れば出れるだろう?」

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:14:57 返信

      戦時で競走馬も徴用されてた時代だからなあ。

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:21:21 返信

      突出度という点で言えばマルゼンスキーぐらいしか対抗馬いないんじゃないかと思う
      ただこっちも2着につけた着差合計61馬身とは言え重賞ゼロ
      それを言えばクリフジもダービー以外は10頭以上の出走頭数は2回だけとか言い出したら言い出したらキリがないが…
      そのキリの無さこそが語りがいを生む

  11. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:09:54 返信

    グラスが朝日杯で引退してたら最強馬と言われただろうか?
    俺は5歳まで走りぬいたグラスのほうが好きだし評価したいな

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:22:08 返信

      オペラオーの強さを5歳秋基準で評価する層の多さを思えば、早期引退が大正義な現実もまた

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:28:36

        まぁ4歳までで充分だったかもな~グラスは

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:29:04

        言ってもオペラオーはあの徹底マークで妨害されやる気を失いつつも古馬王道をほぼきちんと出てG1最後以外連対してるから化け物もいいとこだと思う
        グラスは・・・うん
        ただゼニヤッタとかキンツェムレベルにちゃんと走らなかったら早期引退とかこれからで予後不良になった馬をやたらめったら持ち上げる風潮はちゃんと戦いの場に立った馬に失礼だからグラスは体弱かったけど頑張ったしだからこそグラスなんだと思う

    • 名無しのトレーナー 2018/09/30(日) 13:37:11 返信

      無理じゃないかな?
      フジキセキとタキオンが早期引退でも評価高いのはその後のダービー馬を圧倒してるっていう実績があるからだろうし、マルゼンスキーも菊花賞馬をぶっちぎってる。
      グラスは朝日杯までの時点でそこまでの相手と相対してないし。

  12. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:16:13 返信

    無敗馬といえば14戦14勝にしてノーザンダンサー、ヘイルトゥリーズン、ナスルーラの先祖ネアルコ。16戦16勝にしてセントサイモン系を再興さてたリボー。
    恐ろしいのはこの2頭の生産者が同じであること。

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:30:20 返信

      金子さんの前世?

      • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 23:52:30

        だとしても驚かない

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 05:06:14

        ・フェデリコ・テシオ(1869ー1954)
        ブランドフォード系の一分岐の祖Donatello II
        現代主要父系の祖Nearco
        セントサイモン系の分枝となるTeneraniからRibot
        の生産者

        なんで、1945年生まれの金子の前世というのは不可能ですね、はい

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 13:08:36

        「風立ちぬ」みたいに少年時代の金子氏の夢にテシオが現れる、というのならいけそうではある

        ただ堀越二郎のポジションに相当するのは、寧ろ吉田善哉氏の方なのだが

    • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 05:23:28 返信

      ネアルコ系が隆盛を極める一方で、リボー系は衰退が止まらず、
      他のセントサイモン父系もボワルセル系はただ1頭の種牡馬Demon Warlockを残すのみ、それ以外も主要国では消滅済み

      サラブレッドの父系としてはセントサイモン系は消滅を迎えつつあるやね
      ちなみにそのセントサイモンも10戦10勝馬だったりしますね

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 18:13:27

        たとえ父系が絶えようと「血を残す」という意味では、サラブレッドが絶滅するその日まで勝ち組のセントサイモンさん

  13. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 21:32:17 返信

    オグリのじっじのネイティヴダンサーはケンタッキーで頭ひとつ届いてれば22戦全勝だったんだよな
    しかし4ヶ月間で10戦こなしたり62キロしょって9馬身差勝ちとか破天荒なタフさは日本の孫にそっくり受け継がれた

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:26:40 返信

      ついでにアイドル属性も受け継いだ模様

    • 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:46:09 返信

      他の孫も欧州最強馬だったりする(時代はオグリと大違いだが)

  14. 名無しのトレーナー 2018/09/28(金) 22:47:29 返信

    怪我などで全盛期の頃に引退するのとG1勝ったのに年や怪我で見る影もない状態で引退するのとじゃねー。評価が難しい馬もいる。無敗記録は確かに凄いが距離や早熟云々あるし。

    • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 03:03:20 返信

      フランケルみたいなのが典型的な例だな。父親のガリレオは2400mだったら無敗だったが種牡馬価値を上げるために中距離とかダートに挑戦した結果無敗じゃなくなったしな。

      • 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 18:17:27

        ……その中距離でガリレオを下した馬は、きっと種牡馬としてもガリレオと争ってるんやろなぁ

  15. 名無しのトレーナー 2018/09/29(土) 02:37:28 返信

    マルゼンスキーについては無敗もだけど、レコードとか傑出度も含めての評価だからな

  16. 名無しのトレーナー 2018/09/30(日) 01:46:28 返信

    8戦無敗のマルゼンスキーより69戦戦い抜いたカブトシロー
    10戦無敗のトキノミノルより78戦を戦ったトラツクオー

    なぜかこんな風に思ってしまう

トップへ戻る