いんすて

【ウマ娘】ミホノブルボンは過酷な練習で限界突破、サイボーグと呼ばれたウマ娘

努力の天才ミホノブルボン

ミホノブルボンは厳しい調教にも耐え、機械のように正確なペースで逃げを打つことから「坂路の申し子」「サイボーグ」「栗毛の超特急」と多くの異名を持つ名馬!

ウマ娘でもその設定が反映されており、ミホノブルボンちゃんの練習ぶりは超絶ストイック。引退レースとなった菊花賞でライスシャワーに敗れるまでは全てのレースで1着という負け無し状態でした。

ウマ娘のミホノブルボン

共通衣装 勝負服
 
CV 長谷川育美
誕生日 4月25日
身長 154cm
体重 増減なし
3サイズ B86・W54・H87
圧倒的な練習量をストイックにこなす努力の天才。 学園屈指の実力を持っているとされるが、それはひとえに積み重ねた努力のおかげ。

普通のウマ娘ならすぐに音を上げるような過酷な練習を、表情を変えずに淡々と行う。

クールでミステリアスな雰囲気に、学園内では「もしかしてサイボーグなのでは?」という噂がまことしやかに囁かれている……?

競走馬のミホノブルボン

競走馬ミホノブルボンは父マグニテュード、母カツミエコー、母父シャレーという血統で、酷い血統ではないとはいえ、良血とは言えませんでした。
そのため700万円という安値で購買されることに。ミホノブルボンの性格はかなりおっとりしていて、「象みたい」と言われるほどだったとか。

3歳になったミホノブルボンを引き受けた戸山為夫調教師は「馬はレースで勝たないと生き残れない。であれば、心を鬼にしてでも鍛えに鍛えてレースに勝たせるのが馬のためだ」という信念を持っていました。そのため、調教もスパルタで知られていました。

1991年当時、出来たばかりだった最新の坂路での調教によって鍛え上げられた分厚いトモ(腰から臀部にかけての筋肉)を持ち機械のように正確なペースで逃げを打つミホノブルボンは「坂路の申し子」「サイボーグ」「栗毛の超特急」など数多くの異名で呼ばれることに。

ミホノブルボンはとても可愛らしく、これから厳しいスパルタ調教が待っていると思うと、当時の担当助手は「こんなところに来てかわいそう」と同情するほどだったとか。

しかし・・・

おっとりしていて可愛らしいミホノブルボンは調教が開始すると一変。デビュー前の3歳馬なら1本走ればへばってしまうような坂路調教を余裕でこなし、調教後には何事もなかったかのように飼い葉をモリモリ食べていたそうです。
更にどんどん厳しさを増す調教にも関わらずミホノブルボンはあっさりそれをこなし、いつの間にか筋肉ムキムキ。が4つに割れていると言われたほどのマッチョ馬となりました!

25歳(人間だと80歳前後)でこの馬体

ミホノブルボンは本質的短距離馬であると言われていましたが、戸山調教師は徹底的に鍛え上げれば限界を突破出来ると考え、最終的には1日4本もの坂路調教を課しました。

3歳時に坂路調教を1日4本もの数をこなしたのはミホノブルボンが初めてと言われています。

引退レースとなった菊花賞ではシンボリルドルフ以来となる無敗の三冠馬誕生も期待されていましたが、ライスシャワーによって記録を阻まれ、2着となっています。

レース名 着順 勝ち馬(2着)
3歳新馬 1 (ホウエイセイコー)
3歳500万下 1 (クリトライ)
朝日杯3歳S(G1) 1 (ヤマニンミラクル)
フジTVスプリングS(G2) 1 (マーメイドタバン)
皐月賞(G1) 1 (ナリタタイセイ)
東京優駿(G1) 1 (ライスシャワー)
京都新聞杯(G2) 1 (ライスシャワー)
菊花賞(G1) 2 ライスシャワー

ニンジン大好きミホノブルボン


尻が4つに割れてるエピソードとかヤバすぎるでしょ…

ミホノブルボンちゃんとライスシャワーちゃんウマ娘だったらどんな関係で描かれてたんだろうなー(´・ω・`)

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 12:05:43 返信

    尻が4つ、、、だからあの踵のブレードか。。。

  2. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 12:18:23 返信

    結局は故障してしまったし最強の競走馬だったかと言われると厳しいところはあるが、
    常にただの早熟馬だ 次は距離が厳しいのではないかと言われ続けて皐月もダービーも快勝
    菊も負けたとはいえレコードタイムでの2着 こんな周囲の評論を覆し続けた化け物は二度と出てこないだろうと思わされる馬なんだよな

    後のスプリント最強馬バクシンオーをハナ争いで競り潰してるのもヤバすぎる

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 12:21:05 返信

      (早熟扱いの評論家に)
      サニーブライアン「ブルボン先輩は、フロックでも何でもない!バカにするな!」

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 12:51:38 返信

      という事は怪我してなければとんでもない成績だったと

      • 名無しのトレーナー 2018/07/08(日) 22:04:43

        ケガがなくても、ブルボンを鍛えた戸山調教師は翌年の5月に亡くなるので厳しいかと…
        けど古馬と戦うところを見たかった…

  3. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 12:50:56 返信

    何となく勝負服もサイボーグ感あるもんね

  4. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 13:36:09 返信

    菊花賞で負けた時にいつもと違って口取り式に行かなくていいのかと
    不思議がっていたという話もあるし、その時に初めて悔しさを知るだとか
    その後に色々あって凹んでるライスをその悔しかった思いも絡めて励ます
    なんて二人の間柄だと良いなあ

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 14:20:46 返信

      勝ちグセの付いた馬は、口取り式を覚えるっぽいね
      降着なんて制度を知る由もないブエナビスタが、口取り式に参加しようと抵抗したエピソードは、ホント切ない

  5. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 13:56:55 返信

    短距離馬短距離馬言われ続けたこの馬ですが、
    父系ミルリーフ、母父系リュティエという欧州のばりばり中距離血統、母系の過去を遡っても中距離血統が重ねられているので
    血統背景的には2000~2400はもつスタミナをもっていてもおかしくはないところだし、3000は厳しいってのもまた自然なんだが

    マグニチュードがあんだけ短距離に活躍馬出たってのはほんと面白いよなぁ

  6. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 15:24:09 返信

    この子が筋肉モリモリマッチョマンのウマ娘なんてすごい興奮する

  7. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 15:33:01 返信

    どんな調教にも耐えられる肉体を持った馬がいて、それが最強になったなら
    もうそれは、ただの天才の為せる業…とはならないのが、ブルボンのいいところ

  8. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 15:43:23 返信

    だめだ…レースでのカッコいい姿とのギャップで普段の生活ではポンコツキャラやってる姿が脳裏から離れない…

  9. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 15:54:11 返信

    ミホノブルボンちゃんの照れてる所が見てみたい

  10. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 15:54:25 返信

    俺の中ではアイシールド21の進のようなキャラで固まってる。

  11. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 17:44:12 返信

    正直この宇宙人みたいなデザインは好きじゃない
    もっとガチムチアスリートっぽいほうが合ってる

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 17:45:24 返信

      わかる
      もっと泥臭くて雑草臭いイメージ

  12. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 19:25:53 返信

    ライスちゃんもバッキバキのサイボーグだったんだよなぁ、、、

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 20:17:46 返信

      ライスちゃんは減量後のボクサーとも言われてたね
      ミホノブルボンちゃんの身体にも鬼が宿るんやろか

  13. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 21:51:24 返信

    なんちゅう靴履いとんねん

  14. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 23:15:48 返信

    脱いだら筋肉バキバキなウマ娘コレクション欲しい…欲しくない?

    • 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 23:23:01 返信

      ブルボン「変態ですね」
      ライス「……変態……」
      コタシャーン「No! Hentai!」
      キタサン「この、へっ、変態!」

  15. 名無しのトレーナー 2018/06/07(木) 23:24:25 返信

    個人的には最強の逃げ馬だと思ってる

  16. 名無しのトレーナー 2018/06/08(金) 19:44:12 返信

    恐らく勝てるだろう、恐らく勝てるだろう、もう大丈夫だぞ、ブルボン
    菊近し 淀の坂超え 一人旅
    スピード文句なし、パワー充分、問題はスタミナ。それも坂路で鍛え抜かれて抜かりなし
    三冠馬へ、行けブルボン

    ブルボン絡みは名実況が多い

  17. 名無しのトレーナー 2018/06/08(金) 20:06:47 返信

    そのモンスターの名は、ミホノブルボン。
    ―――――常識は、敵だ。

  18. 名無しのトレーナー 2018/07/06(金) 00:38:27 返信

    この馬目がかわいいんだよね。

  19. 名無しのトレーナー 2018/07/08(日) 22:20:57 返信

    菊花賞では距離への不安、キョウエイボーガンの騎手による(潰れる覚悟の)大逃げ宣言、調教師の戸山氏からは「キョウエイボーガンに構わず逃げろ」と言われ、騎手自体もかなり追い詰められた中での戦いだったと思う。

  20. 名無しのトレーナー 2018/08/02(木) 00:38:45 返信

    おや?ずいぶん綺麗な牛が寝てるな・・・と思ったらブルボンだった!(驚愕)

トップへ戻る