【ウマ娘】国際保護馬名に登録されているウマ娘は何人居るの?

雑談掲示板より

国際保護馬名に登録されてるウマ娘

名無しのトレーナー
そういやアイネスフウジンって国際保護馬名に登録されてるんだよな
国際保護馬名に登録されてるウマ娘って何人くらい居るんだろう
名無しのトレーナー
パッと覚えるのはルドルフ、テイオー、エル、ゼンノ、ウオッカ、キタサンらJC勝組
CB,シリウス、ちよ、アイネスらダービー組
後は香港カップ勝った変態
  名無しのトレーナー
デジタルは国際競争勝ってるからね。
香港カップ、凱旋門、キングジョージ、ジャパンC、BCクラシック、ドバイワールドC……あと数個あったはずだが忘れた。
とりま、このレース勝てれば名前が保護される。
  名無しのトレーナー
現在の国際保護馬名の基準は2005年に定められたものなので
2001年の香港カップ勝った変態はリストに入ってない
同じアグネスだと「産駒のGI勝ち15頭以上の種牡馬」の基準を満たした
アグネスゴールドは入ってる
  名無しのトレーナー
変態は入ってないんだよなぁ
名無しのトレーナー
国際保護馬名を調べたら面白いな、ナリタブライアンやサイレンススズカとかは海外で使用出来る馬名になるんだな
名無しのトレーナー
オグリキャップも使ってええんやで
まぁ種牡馬や産駒成績が良い馬以外は海外レースやダービー、JC勝ってないと登録されんからな…
セントライトは仕方ないにしてもナリタブライアンが登録されてないのはなんでやねんと思うが
名無しのトレーナー
国際保護馬名じゃなければこういう配合のキセキも起こる
しかしなぜ海外でこの名前を馬につけたのだろうか?
  名無しのトレーナー
キズナIIは牡馬のキズナと同い年で真似したとかではないよ
海外でこの名前つけた理由も謎だが末尾にIIをつけてまで日本に輸入してキズナと交配させるのもふざけた理由がありそう
  名無しのトレーナー
え?これⅡって区別のためのⅡじゃないの?
  名無しのトレーナー
区別のためのもので正式な馬名ではないことは知ってたけど購入者自身がつけたものだと勘違いしてた
他人に指摘しながら自分の無知を晒してしまうとは恥ずかしい
  名無しのトレーナー
キズナⅡの馬主はナカヤマの和泉氏の息子で、ナカヤマフェスタの配合相手にするために輸入された
  名無しのトレーナー
元から日本人の馬主さんじゃなかったかな
ナカヤマフェスタの相手候補だったかな
  名無しのトレーナー
もともとナカヤマフェスタの配合相手として海外から輸入された牝馬(ゴールドシップにとってのロータスランド、ジャスタウェイにとってのイイナヅケと同じ)で、名前が一緒なのはただの偶然。
ナカヤマフェスタとの仔はボーンジーニアスなどがいてもう走っているので、満を持して同じ名前同士で配合も悪くないよでつけてみましたという話。
  名無しのトレーナー
やっぱり馬名は海外でつけられているのか
たった今気づいたけど、アグネスゴールドが国際保護馬名に追加されてた
コントレイルとラヴズオンリーユーの姿確認しに行ったら偶然見つけた
問題

2022年現在、国際保護馬名に登録されている馬は次のうちどれ?
なお、馬主はいずれも渡辺孝男氏とする。

アーモンドアイって2代目だったんだ、と知った朝。
G1に勝ってる馬や国際保護馬名になっていないとか基準はあるらしいけど、アーモンドアイは国際保護馬名になったから3代目はないらしい。
おはようございます。
#アーモンドアイ


オペラオーちゃんも国際保護馬名に登録されてますね~

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2022/05/14(土) 19:29:12 返信

    レアケースで言うとハイセイコーは入ってるのよな
    勝ったの皐月賞だけなんだが
    顕彰馬にも選ばれてるしやはり競馬史に名を刻んだ馬は特例なんだろう
    カツライノハイセイコも入ってるから親子揃ってて凄い

  2. 名無しのトレーナー 2022/05/14(土) 22:27:11 返信

    日本国内なら ・1973〜1990年の日本ダービー勝ち馬 ・ジャパンカップ勝ち馬 ・海外主要G1レース勝ち馬(日本馬がよく出るのだと凱旋門賞、メルボルンカップ、ドバイWC、香港カップ、KG&QE2世S、BCクラシック&ターフ) ・繁殖成績が顕著な馬(牝馬なら産駒にG1馬2頭、牡馬なら産駒にG1馬15頭以上) ・統括機関が申請した優秀な成績の馬(スピードシンボリ、オルフェ、カナロアは...全て読む

  3. 名無しのトレーナー 2022/05/14(土) 23:03:33 返信

    オグリとナリブがいないのが謎すぎる

  4. 名無しのトレーナー 2022/05/18(水) 10:12:58 返信

    2021年時点の国際保護馬名リストはこちら(PDF・英語注意)
    ttps://www.ifhaonline.org/resources/NP_2021.pdf

トップへ戻る