いんすて

【競馬】カブラヤオーのように強いけど実は臆病だった…という点に惹かれる

競走馬として強い、けれど臆病だった

雑談掲示板より

名無しのトレーナー
この前カブラヤオーが実装されたらみたいなのをここで見かけたんだけど、
周りからめっちゃ強いって思われてて実はビビリってのがめっちゃええな……
ワンパンマンのキングみたいな感じか
最後まで身近な人以外にはビビリばれないで強者として通っているといいよね

名無しのトレーナー
しかも同い年のゴリゴリ強気な最強娘から勝負挑まれて勝っちゃう。その娘はその後に桜花賞で大差勝ちとかわけわからんことしてる凄いヤツ。でも、彼女だけはカブラヤオーの秘密知ってるんだよなぁ(鞍上的な意味で)

名無しのトレーナー
デジタンじゃないけどこの二人の関係性でご飯3杯いけちゃう

名無しのトレーナー
小柄でビビりな娘と黒髪グラマーな美少女のカップリングとかめっちゃウケそう

名無しのトレーナー

実際のカブラヤオーは他の馬を予後不良にさせる程のハイペースで走って、ダービーの時は疲れ過ぎてフラフラになりながら後続を突き放しているから側から見たら「狂ってやがる!何が奴をそうさせるんだ!?」って感じのキャラだからキングではないと思う。

名無しのトレーナー
ダービーの時はカブラヤオー以外の先行してた馬がほぼ沈んだ前潰れのレースだったのに、終始先頭にいたカブラヤオーが逃げ切って勝つという…

名無しのトレーナー
整備が行き届いてない凸凹馬場の時代に1000mを57秒台で突っ込んだ上に逃げ切るという狂気
そりゃ差し追込もバテバテよ

名無しのトレーナー
しかも皐月(2000)→ダービー(2400)で1000mの通過タイムが更にハイペースになっているという
凄い通り越してもはや恐怖
故障せずに菊花を走っていたらどうなっていたのやら

名無しのトレーナー
レイクスプリンターさんは皐月で勝てる実力も無いのにカブラヤを潰すためだけに送り込まれハイペースのカブラヤに果敢に競りかけるも案の定潰されて予後不良
馬主もジョッキーもちょっとどうなんすかねぇって思ったなぁ

名無しのトレーナー
後知恵だが、カブラヤオーは勝負根性というより他の馬に対する恐怖心を糧に逃げてるわけで、競られたらその都度伸び続けるから、つつきに行くのはむしろ逆効果だったのでは?
一頭でそこそこのペースで逃げさせて最終直線でデジタルみたいに強襲する方がまだ勝ち目あった気がする

名無しのトレーナー
どうなんだろうか…
逃げ馬って機先を制されると躓くケース多いし
相手としちゃ恐怖で逃げてるなんて知らんから競りかけてやろうって思ったのかもしれんし
カブラヤオーって差し切って勝った事も有る馬だしな

名無しのトレーナー
ツインターボみたいな性格でスズカのように逃げて差し込むような走り
サニーブライアンと同じ二冠馬。
後の逃げ馬たちの手本となりそう(なお、本人は怖い思いして走ってるから教えるのは難しい模様)

名無しのトレーナー
ダービーの時もトップジローが突っかかってきてるんだよな(当然逆噴射ターボ師匠)
当時はこれがカブラヤ対策と思われてたんだろう
トップジローは予後らなかっただけマシよね

名無しのトレーナー
タマの妹で、エリザベス女王杯勝ったミヤマポピーの父がカブラヤオーらしい

ウマ娘、ツインターボのような破滅的な大逃げを打った競走馬は数多いるが、1975年の日本ダービーで1200m通過タイム1:11.8という驚異的、というか最早“狂気”とも言うべきペースで逃げ切ったのがカブラヤオー。臆病風に吹かれながらも並外れた心肺能力でクラシック二冠を掴み取った。
そんなカブラヤオーの資質を見極め、馬の能力を信じて皐月賞ダービーを逃げ抜いた主戦騎手の菅原泰夫は同年牝馬クラシックをテスコガビーで同じく圧巻の逃げ戦法で勝ち抜き春クラシック完全制覇を成し遂げ「勝負師」の名をほしいままにした。名馬が名手を育て、名手が名馬を育てる。名馬には名手あり。
ちなみに菅原泰夫は1981年の菊花賞をシンザン産駒ミナガワマンナで制しクラシック完全制覇、翌1982年の菊花賞ではマルゼンスキー産駒ホリスキーに跨がり向こう正面から早めに仕掛けて勝利、当時の世界レコードを打ち立てている。菊花賞連覇を成し遂げた騎手は現在でも菅原泰夫のみ。勝負師ここにあり。
@Gyopon 競りかけた方が潰れるという狂気の鏑矢、カブラヤオー!

実は臆病というエピソードは、種馬になる時に不利になるので、主戦ジョッキーが10年間はナイショにしてたそうですね。

カブラヤオーが令嬢というのは、想像がつかない(笑)。


逃げ馬は見ていて面白いですよね~!カブラヤオーの皐月賞とか最終直線でロングフアストに距離を詰められるのですが、どこにそんな力を隠していたのかと思うぐらいまた引き離しますからね!

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2022/01/06(木) 21:43:24 返信

    脚が無事なら菊も逃げ勝ってたろうと言われてたからなぁ
    逃げ馬による三冠馬誕生してたかもしれん

    スレでも言われてる逃げ馬潰しだがブルボンもキョウエイボーガンに出負けして掛かって菊負けたし逃げ馬対策にはなってるんだろうなぁ

    • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 15:19:46 返信

      なにしろただの逃げでも大逃げでもなく、他の馬を予後不良に追い込めれるほどの逃げだもの
      菊花賞ともなれば戦略もへったくれもないまま、素でセイウンスカイの菊花賞になるわ(ただしペースは地獄レベル)
      ラビットでつぶそうとしてもできないし、追わないと破れる

  2. 名無しのトレーナー 2022/01/06(木) 23:01:43 返信

    もし実装されたら脚質逃げ以外Gとかになりそう

    • 名無しのトレーナー 2022/01/06(木) 23:10:29 返信

      差して重賞勝った事有るんだよなぁ

      • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 00:45:12

        妹のミスカブラヤも差し切り勝ちが主な戦法だったからビビリでなければカブラヤオーも差しメインで行ってたんじゃとは言われてるな

  3. 名無しのトレーナー 2022/01/06(木) 23:12:01 返信

    号泣しながら逃げ切るタイプなんだろうか

    • 名無しのトレーナー 2022/03/11(金) 01:07:14 返信

      集団恐怖症を隠して作り物の笑顔貼り付けて走って、レース終わった後に一人こっそり嘔吐してるタイプ

  4. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 00:31:13 返信

    さすがに1000m57秒はないない
    つっても皐月ダービー共に58秒台なので当時としては文字通り狂気的なハイペースだが

    • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 04:57:32 返信

      ナリタブライアンの時代でもサクラエイコウオーが1000m58.8で行った時、狂気のハイペースって言われたからなぁ。
      そのペースを先行追走してコースレコードで完勝するブライアンも大概だが。

  5. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 00:36:30 返信

    なんかマチカネフクキタルの「マンハッタンの夢」でドンサンチョスに追いかけられた時の走りで再生されたわwww

  6. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 06:51:59 返信

    CV:金田朋子かな

  7. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 10:23:07 返信

    自分の影に驚くくらい臆病なのに3冠馬になったナリタブライアン

    • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 11:17:22 返信

      自分の影にビックリするブライアン、足元の感覚変わるとビックリするオルフェーヴル、屈腱炎がなかったら三冠に手が届いたかもしれないカブラヤオー。
      割とビビリは優秀なスキルなのでは?

      • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 13:43:57

        毎回命がけで走るからな

      • 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 15:32:08

        二冠馬と三冠馬だもんな…。

      • 名無しのトレーナー 2022/01/08(土) 09:23:55

        物音をいちいち気にしてしまうビワハヤヒデ、勝負服が風でバタバタとはためくだけで怯えるエルコンドルパサーあたりはそうね。
        カラスに脅かされて逃げ回るレッツゴーターキンは…どうなんでしょ。

  8. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 14:57:48 返信

    みんながカブラヤオーに振り回されてヘロヘロになる中、ただ一人冷静に大外枠から連に絡むレースをする岡部さん凄い

  9. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 15:00:48 返信

    狂気の逃げばかり取り沙汰されがちだけど地味に日本中央競馬会における平地連勝記録の持ち主だったりする
    国営競馬時代を含めるとダイナナホウシユウとかトサミドリとかもっと多いのいるけど

  10. 名無しのトレーナー 2022/01/07(金) 20:00:22 返信

    当時のクソみたいな馬場で逃げで皐月賞レコード勝ち
    はっきり言って異常な馬だよ
    ゲートに頭ぶつけて負けてなければ連勝したまま故障引退してたかもね
    負けた相手がノボルトウコウってのも面白いわ

  11. 名無しのトレーナー 2022/01/08(土) 03:46:14 返信

    引退前のオープンの2戦は後方から豪快に追い込んで勝ったらしいし、芝でもダートでも勝ってるし、距離も短距離、マイル、中長距離と満遍なく勝ってるしで割と万能な印象がある

  12. 名無しのトレーナー 2022/01/08(土) 22:42:19 返信

    テスコガビーとの子供がいたらなぁ……

  13. 名無しのトレーナー 2022/01/09(日) 06:31:38 返信

    カブラヤオーからしたら追走してくる馬に対しては
    「うわああああ、こっち来んな!」みたいな心境で走ってたんだろうか

    • 名無しのトレーナー 2022/01/09(日) 07:17:18 返信

      逃げてる最中に他馬が寄ってくると露骨にヨレたりしてるから、まさにそうだったと思うよ。

トップへ戻る