【競馬】タイトルホルダーは「セイウンスカイの再来」と呼ばれるようになる?

再来や2世という呼び名

競馬では度々、○○の再来や2世という呼び名が付くときがあります。先日の菊花賞でまるでセイウンスカイのような勝ち方をしたタイトルホルダーも「セイウンスカイの再来」という呼び名が定着するようになるのでしょうか?

セイウンスカイの再来

雑談掲示板より

名無しのトレーナー
グラスワンダーがマルゼンスキーの再来とか怪物2世っていわれた感じでタイトルホルダーもセイウンスカイの再来とか言われるんやろか?

名無しのトレーナー
再来まで言われるとなると必要なのはスカイと同様に逃げでのレコード更新や
〜の再来で大事なのは血統とかじゃなくてそれを彷彿とさせられる圧巻のパフォーマンスやからな

名無しのトレーナー
最近○○2世とか再来ってあんまり言われないような…
セイウンスカイ2世なら皐月賞も勝って言えよって言われたらそれまでだし

名無しのトレーナー
バースの再来なら毎年追い求めてるんやけどなあ…
なお、

名無しのトレーナー
再来というよりはインストールって感じ

名無しのトレーナー
シービーに対するゴルシみたいな?

名無しのトレーナー
これだな
セイウン憑依か

名無しのトレーナー
セイウンスカイのCMが流れていた世界線だったか

名無しのトレーナー
逃げがセイウンスカイそのものだったとはいえまだその異名は早いか
それを言われるようには更なるパフォーマンスと強さを見せつけないかん訳か

名無しのトレーナー
長距離の緩急逃げ自体は平場OPの万葉ステークスとかも含めたらちょいちょいあるのよ
それをセイウンスカイだって言い切るのも難しい

名無しのトレーナー
この枝周りでも言われてるけどセイウン憑依とかノリウンスインストールの方が近そうかもしれんね

名無しのトレーナー
どちらかというとノリセイウンスカイのリプレイといわれた方がしっくりくる

名無しのトレーナー
横山三世なのは間違いない

名無しのトレーナー
セイウンスカイは古馬になってからイマイチ噛み合わず屈腱炎になるから、そこをなぞるようになって欲しくないって気持ちもある…

名無しのトレーナー
武史とルメールにノリさんが憑依した

名無しのトレーナー
2getはノリさんが憑依したから…?

名無しのトレーナー
むしろ怪我があったとはいえ古馬でG1取れなかったセイウンスカイよりも勝てなきゃいけないと思う位強かった

名無しのトレーナー
意外と忘れられがちだけどスカイも怪我に苦しめられた名馬の一頭よね

タイトルホルダーはキタサンブラックの再来とか令和のセイウンスカイとか一気に世代の主役に躍り出てきたわね
セイウンスカイの再来って響きが凄くいい…
動画でタイトルホルダーと横山武の菊花賞見たけど、セウンスカイと横山典コンビの再来を思わせる逃げ切り勝ちだったな
多分タイトルホルダーは『伝説の再来』としてJRA史、日本近代競馬史に語り継がれるんだろうな
タイトルホルダーがセイウンスカイの再来って言われててすげぇーってなった
タイトルホルダー逃げ切り勝ちおめでとう
セイウンスカイの再来か…浪漫あるなぁ

#菊花賞2021


再来と呼びたくなるほど圧巻のレースでしたからね!やっぱりG1で5馬身差勝利は凄い!

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 06:47:46 返信

    2022年、菊花賞
    それは伝説の再来か
    あるいは悲願の達成か
    緻密かつ大胆に、そして鮮やかにその馬は逃げきった
    その馬の名は タイトルホルダー

    • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 07:44:04 返信

      留年したのか・・・

      • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 08:23:55

        タイトルホルダー名乗るからには防衛戦でも勝ちたいよな()

      • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 11:37:00

        悲願ってのはクラシック二冠馬の父が怪我で取り漏らしたタイトルって意味だろ…

      • 名無しのトレーナー 2021/10/30(土) 22:30:41

        2022年って書いてあるんだよなぁ

  2. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 07:25:26 返信

    一番いいところでアンスキが発動するとあんな風になるってことだな。
    向こう正面でクールダウンも発生してたかな。

  3. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 09:33:36 返信

    ナニナニみたいだナニナニに似ているって分かりやすいしカッコいいけど誉め言葉では無いよな

    • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 09:38:16 返信

      砂のサイレンススズカとかそういうのもね
      その馬個人のこと見てないやんって気分になる

  4. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 09:48:30 返信

    日本人は歴史を重ねたがる民族なんよ
    古い方の名前が使われちゃうのはしゃーない

  5. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 09:59:49 返信

    セイウンスカイの菊花賞の後を思えばそう呼ばれてほしくない

  6. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 10:54:09 返信

    セイウンスカイの再来はちょっと…

  7. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 10:55:39 返信

    バースの再来

    • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 12:38:00 返信

      バースの再来の再来

      • 名無しのトレーナー 2021/10/29(金) 22:44:11

        バースには再来してほしいけどバースの再来には再来してほしくない

  8. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 10:58:52 返信

    まあそれはそれとして将来もし仮に彼がウマに実装されることがあればセイウンスカイとの絡みが出てくるのは間違いない

  9. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 11:48:50 返信

    セイウンスカイと映像を見比べてみたけど、案外違う印象を受けた
    道中息を入れているのは同じなんだけど、セイウンスカイの場合はほとんど2番手以降と距離が詰まっていないんだよね
    むしろ一時は8馬身くらい離している
    この差を最後まで維持して勝った

    それに対してタイトルホルダーは中盤でピッタリ後続に迫られている
    そこから4コーナーでスパートして突き放したという感じ

    • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 11:58:11 返信

      その二番手が何を隠そう横山和生モンテディオだからな
      弟が何しようとしたかがわかってたかも
      さらに同じく二番手のセファーラジエルも最近では控えるけど、本来は好位追走
      そんで菊花賞本番でちっと暴走気味でモンテディオについていったからな

    • 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 16:49:52 返信

      タケシはもう少しペース落とすつもりだったって言うてたから、一気に突き放して中間息入れて最後また加速するセイウンスカイとは違うね。
      ハナに行く馬が他に居なかったって言うのもある。

    • 名無しのトレーナー 2021/11/06(土) 18:23:49 返信

      どっちかというと京都大賞典のウンスに近い逃げ方

      惹きつけてからの直線で二の足粘り込む、まあ粘り込むというか突き放す強い勝ち方だったけどタイトルホルダーくん

  10. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 12:04:57 返信

    同期が血の継承で名前を呼ばれる機会がある中、そういう面では空気に近い存在なわけで
    こういう形でもスポットが当たるのは素直にうれしく感じる。横山家の妙な力やねぇ

  11. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 17:28:19 返信

    なんかどっちかというと「逃げて差す」の印象の方が強い気もする
    確かに緩急逃げではあるんだが途中のレース展開が似ているようで微妙に違う

  12. 名無しのトレーナー 2021/10/27(水) 19:29:52 返信

    正直このまま沈んでいくと思ったら再加速する感じはカツラギエースを思い出した

  13. 名無しのトレーナー 2021/10/30(土) 22:34:12 返信

    親父(ドゥラ)の破天荒な走りとは真逆の計算された走り
    次にタイトルホルダー君に期待されるのは春天イングランディーレの再演だな
    この歳でこんなレース出来るって親父(ノリ)も嬉しいだろうなぁ

トップへ戻る