凱旋門賞史上初の3連覇が懸かるエネイブルの唯一の懸念は…

いよいよ世界中が注目する凱旋門賞出走まで後2日に迫ってきましたね。ウマ娘ちゃんが息をしていないので私の楽しみは筋トレと競馬とウォーキングデッドとMリーグだけです。

枠順が確定したり、エネイブル3連覇の唯一の懸念材料の面白い記事を見つけたりしたので紹介していきたいと思います。

凱旋門賞の枠順が決まる

日本時間10月6日の23時5分に出走する凱旋門賞の枠順が昨日ついに確定しました。

注目馬は内枠から日本のフィエールマンが2番。ブラストワンピースが4番でキセキが7番。武豊騎手が騎乗するソフトライトは6番。3連覇がかかるエネイブルは9番で、超有力3歳馬のジャパンが10番。

オッズはエネイブルとジャパンが3番人気を引き離して人気になるんじゃないかと言われていますね。エネイブルの1倍台はほぼ確実ではないでしょうか、

有名ブックメーカーをだとエネイブルが断トツで次はジャパン、3番人気はソットサス、マジカルとガイヤース辺りが次につけている感じで、日本馬は全く人気がないみたい。ぐぬぬぬ

エネイブルは死角なしのように感じるけども…

日本馬史上初の凱旋門制覇なるかという所も勿論気になりますが、やっぱり注目してしまうのはエネイブルが3連覇できるかどうかという事ですよね。

現在12連勝中でG1は11連勝中。今回の凱旋門賞で引退する事も決まっていますので、史上初の3連覇という偉業を成し遂げて連勝も途切れず最強女王のまま引退するのか。それとも3連覇を成し遂げることが出来ないのかどうか、世界中が注目しています。

エネイブル3連覇なるか否か!という時にどうしても頭をよぎってしまうのが、2015年に史上初の凱旋門賞3連覇に挑戦したトレヴ。2013年の凱旋門賞でオルフェーヴルをぶっちぎって1着になった馬である。

ここからは記事の引用。

3連敗から劇的な復活劇で連覇を飾ったことに対して、この年のトレヴは3戦3勝と絶好調だった。ウィリアムヒル社は当然のごとく単勝1倍台に設定し、主催者であるフランスギャロップがトレヴ専用のCMを作成するなど、誰もが彼女の3連覇を疑っていなかった。そう、今年のように――。

しかし、この年のロンシャン競馬場は前が止まらない馬場だった。最後の直線で早々に先頭に立った英ダービー馬ゴールデンホーンがそのまま押し切り、2着には昨年2着に負かしたフリントシャー、トレヴはゴール前で仏ダービー馬ニューベイに競り負けて4着に敗れるという、まさかの結果だった。

実はその年の凱旋門賞は、週中で雨に見舞われて、あまり馬場が悪くなれば回避するという陣営が続出……。幸い、天候が回復したため17頭のエントリーとなりましたが、トレヴにとっては厳しい馬場コンディションでした」

実は、今年のパリロンシャン競馬場も似たような状況になっているという。エネイブルを管理するゴスデン調教師も「今のロンシャンは馬場が重いから、週末にこれ以上降るのは、エネイブルにも好ましくありません」と馬場コンディションを相当気にしているようだ。

引用元:https://biz-journal.jp/gj/2019/10/post_121839.html

トレヴはデビューしてから無敗のまま凱旋門賞を制覇した後まさかの3連敗。しかしその後の凱旋門賞で奇跡の復活1着になってから4連勝で迎えた2015年凱旋門賞でした。これはトレヴいきましたわ…的な空気が全世界に流れていた中でのまさかの衝撃。

確かに1着になったゴールデンホーンが凄かったとは言え、世界中が衝撃を受けました。ちなみにこの時ゴールデンホーンに騎乗していたのがデットーリ騎手。エネイブルの主戦騎手である。マジでパネェよ、この人。

こっちの調教師さんのインタビューも面白いので是非。

-3連覇への自信は。

「馬の状態はいいが、相手も強いからね。フランス、イギリスの強い3歳と古馬がいて、それに日本馬もいる。だから勝てるかどうかは言い切れない。ただ、アーモンドアイがいなくて良かったよ。彼女のドバイでの走りは印象的だった。


ナデネイブル

重量の関係で3歳馬が有利な凱旋門賞。エネイブルが勝てば史上初の3連覇だけど、5歳馬は17年間も勝利した馬が出ていません。圧倒的エネイブル有利と言われてるけど不安要素があるのも確か。何が起きるかわからないのが競馬である…

絶対女王トレヴのように3連覇を阻まれてしまうのか。それとも、史上初の3連覇を達成して伝説のまま引退となるか…(負けても伝説級の馬だが)。

とにもかくにも10月6日の凱旋門賞と明日のラグビーは絶対に見逃せないぞ!!

※余談ですが、最近私は友人が録画していた半沢直樹をこの間人生で初めて見てからドはまり中です。みんなが狂ったように『倍返しだ!』と言っていた意味がようやく分かりました。ドラマ終了から6年経過してようやく時代に追いついてきました。来世で上戸彩と結婚できますように。

コメント

  1. 名無しのトレーナーE 2019/10/04(金) 19:06:10 返信

    まぁフラグは着々と立ってるけど、実はエネイブル自身は決して重馬場が苦手という訳でもないんだよね
    調教師は決して重馬場を望んでないのは確かだが(あんまり降りすぎると完全なスタミナ勝負になるので)

  2. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 19:20:26 返信

    キセキの奇跡を信じろ

    • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 14:00:29 返信

      キセキがぶっ飛ばして逃げて日本のレースみたいにすれば
      欧州馬に何か影響出せるかもしれない
      フィエールマンとブラストにもチャンスがあるかもしれない
      兎に角 一団馬群の競馬になったら御終いw

      • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 14:07:41

        エネイブルに徹底的にマークされたらどう足掻いても勝てないゾ

      • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 23:20:53

        フィエールマンに期待してる。

    • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 23:01:30 返信

      個人的にはムラのあるブラストワンピより
      安定感と逃げで、先行が有利な凱旋門賞に合った
      キセキに川田乗った方がワンチャンあったと思うなぁ

      • 名無しのトレーナー 2019/10/06(日) 16:25:16

        キセキ=川田 ブラピ=池添 フィエール=ルメール
        なんでこれじゃあかんのよぉ;;

  3. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 19:26:49 返信

    だってエネイブル道悪でも勝つし
    先行馬だし
    逃げる馬いないと自ら逃げにかかるし…
    どこに死角あるのよ

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:26:55 返信

      そして鞍上がかつてトレヴの連覇を阻んだ
      デットーリときたもんだ。

  4. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 19:48:57 返信

    勝ったとしよう、サドラーの3×3が付けられる世界的大種牡馬がいるかどうか…

    …もしかして婚期は出遅れる系牝馬?

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:10:24 返信

      欧州で相手を探すならサドラーの血がないゴールデンホーン、キングマン辺りになりそう

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:21:01 返信

      自身の実績と血統のせいで結婚相手が限られ、そもそも彼女に決定権もない

      しかし彼女には心に決めた相手がいたのであった…(続かない)

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:24:07 返信

      サンデー系って可能性はあるんだろうか

      • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:29:54

        SS系の大黒柱だったディープが亡くなった今、付けるとすればハーツ一択かも
        欧州にいるSS系ならハットトリック産駒のダビルシムとか

      • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 21:24:25

        ディープ以外のサンデー系の評価って向こうではどうなんだろうな、いやダビルシムはいるけど今のところパッとしないし
        個人的にはステゴ系の種牡馬は合うかもって思う、馬格も小さく出やすいしパワーあるし
        あり得るとしたらオルフェかナカフェスになるのかねー向こうでの知名度的には

      • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 23:59:39

        Sadler’s Wells系避けてクラシック路線を念頭に置くならDanzig系のSea The Starsのラインぐらいしか選択肢ないね
        Sea The StarsだとUrban Seaの2×4になるので、その下のCrystal Ocean、Sea The Moonで3×4あたりが相場じゃないかなって気はする

      • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 00:03:24

        あう、枝付け間違えた まあ、ついでなんで 繁殖で期待されるのは当然クラシック路線の有力産駒だろうし、 その時点で自身も短距離馬で現状重賞勝ちした産駒も短距離馬なDabirsimは選択肢には入りようがない(というか、次の重賞馬出せないとそろそろ危なくなってきそう) 一方、海外の有力生産者が日本に牝馬連れてきたのはディープと種付けできるからってのが大きかったので、 ディープ亡き来年以降、そもそも潮が引...全て読む

      • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 02:08:48

        ヘイロー系はキングジョージも凱旋門も勝ったことがない
        ミスプロ系やダンジグ系はキングジョージも凱旋門も勝ったことがある
        ミスプロ系もダンジグ系もエネイブルに余裕で付けられる
        ヘイロー系を付けるメリットってある?

      • 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 14:25:55

        ミスプロ系とダンジグ系が非常に薄い繁殖馬が作れる

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:38:01 返信

      一目惚れしたバナナ好きの彼女が実は腹違いの姉で失恋中の男子高校生とかどうだろう。丁度レースで会うしドラマが起きる可能性も…

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:39:37 返信

      かまへんかまへん
      ガリレオ付けたろ

      • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 21:35:44

        ガリレオの1×3とかいう狂気じみた配合で芝

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 23:40:20 返信

      もうシーザスターズ付けてアーバンシーのクロスにすりゃええねん

    • 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 23:58:53 返信

      ドバウィ「俺がいるから問題ナシ」
      アメリカンファラオ「俺でもええんやで?」

  5. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 20:31:00 返信

    最近、また記事の更新があってうれしい。

  6. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 21:09:04 返信

    マックvsライスの春天もこんな雰囲気だったのかなぁ

  7. 名無しのトレーナー 2019/10/04(金) 21:37:38 返信

    馬場とか統計とか、そういうデータ的な懸念材料をぶっ飛ばして、
    馬が馬の実力通りに勝つ「紛れのない勝ち」を作るのが
    騎手の最大にして最後の仕事だと思う。
    日本のルメール然り、今回のデットーリ然りね。

    まあ、逆にその懸念材料に隙間を突いて
    「紛れに乗じてひっくり返す」のもまた騎手の仕事と言えるがね。

  8. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 00:56:48 返信

    生き物のやることよ
    想定外はあるときはある

  9. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 06:30:06 返信

    このサイト限定で一番の懸念は逆神が本命にしてること

  10. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 13:57:14 返信

    エネイブルの調教師に名指しされるアーモンドアイってやっぱ凄いんだなあ

  11. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 16:41:01 返信

    アイちゃん名指しでいなくてよかったとか言われてて芝生えまくった

  12. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 17:16:47 返信

    オッズはどこまで下がるのかな

  13. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 19:21:31 返信

    ソットサスがそっと差す

  14. 名無しのトレーナー 2019/10/05(土) 20:07:17 返信

    この中にライスの生まれ変わりはおりませんか

  15. 名無しのトレーナー 2019/10/06(日) 16:01:15 返信

    ジャパンがナニゲに気になるw
    でした。さんがあっちのおウマさんに騎乗していたり。

  16. 名無しのトレーナー 2019/10/06(日) 23:23:44 返信

    三連覇はパフォーマンス維持の面で無理なんだろうね
    だが勝ち負けには関わったし大したもんだわエネイブル

トップへ戻る