【競馬】アメリカ版ハルウララ・伝説の負け馬ジッピーチッピー

アメリカにも居た!

皆さんは「ジッピーチッピー」をご存知だろうか?実はアメリカにも「ハルウララブーム」のようなブームを巻き起こした競走馬が存在していたのである。

それがジッピーチッピーだ!


ジッピーチッピーについて

ジッピーチッピーは1991年4月20日生まれの競走馬で、現在28歳。
父コンプライアンスは自身の競走実績は良くなかったものの、トライマイベストの全弟・エルグランセニョールの全兄に当たる良血馬。母方もバックパサーやラウンドテーブルなどの血をひいており、血統だけなら悪くない馬でした。

しかし、ジッピーチッピーは非常に気難しく、デビュー前から去勢され騙馬となっています。後に調教師・馬主となるフェリックス・モンセラーテもジッピーチッピーには何度も蹴られたり噛みつかれたりしたんだとか。

連敗が話題に

1993年に競走馬としてデビュー。ニューヨーク産馬だったため地元ファンを中心に人気を集めていたものの、全く期待に答えず連敗記録を増やしていきました。所有者もしばらくしてジッピーチッピーを手放してしまうため、何度も所有者が変わりました。

そんなジッピーチッピーですが、1995年に運命の出会いを果たします。
それがフェリックス・モンセラーテです。モンセラーテはジッピーチッピーを譲り受けましたが、お金ではなくフォードの1988年モデルのトラクターと交換という形でした。

いくら負けても出走するジッピーチッピーはスラスト(Thrust)の持つ106連敗記録への挑戦が期待されるようになっていき、勝つことではなく負けることで人気を呼び、次第にブームとなっていきました、

モンセラーテは「私は彼が何歳でも構わない。彼は挑戦し、挑戦し、挑戦している。その姿は私を喜ばせてくれる」と語り、ジッピーチッピーを家族同然に扱って、競走生活の後半は他の馬主への譲渡・売却を前提とした競走であるクレーミング競走への出走をさせないようにしていました。

しかしこのブームには苦言を呈する関係者も少なくなく、競馬場側から出走拒否されることも少なくありませんでした。
2004年、13歳のジッピーチッピーはノーザンプトンフェアー競馬場のダート5ハロン(約1000メートル)戦に出走。2番人気だったジッピーチッピーは1着の馬から10馬身以上離された最下位でゴール。
これにより連敗記録がついに100の大台に乗りましたが、モンセラーテが同年12月にジッピーチッピーの引退を発表したため記録更新はここで終わることに。

引退後はかつてジッピーチッピーの出走を拒否したこともあるフィンガーレイクス競馬場で誘導馬となることに。2010年からは引退馬養老牧場のオールドフレンズでのんびり暮らしているそうです。


人間vsジッピーチッピー

そんなジッピーチッピー、なんと人間と2回競走しています。

最初は2000年8月18日、マイナーリーグの野球選手ホセ・ヘレーラとの40ヤード競走。なんとジッピーチッピーは人間に敗れてしまいます。

しかし2001年8月に行われた同じくマイナーリーグ選手のダーネル・マクドナルドとの120フィートの競走ではかろうじてジッピーチッピーが勝利!対人間成績は1勝1敗と、1勝をあげることが出来たのでした。


実はサラブレッドじゃない馬との競走だったら勝ったこともあるため、「対サラブレッド100戦100敗」という肩書で語られているそうな。更に、映画こそ作られなかったものの一度ハリウッドにも招待されたことがあるんだとか…ハリウッドて!さすがアメリカです。

日本でハルウララブームが起こった時は「アメリカ版ハルウララ」としてジッピーチッピーが紹介されてたんだって!

そして逆にハルウララも「日本版ジッピーチッピー」として紹介されているらしい。アメリカで「Do you Know Haruurara?」とか聞いてみたいよね。

ジッピーチッピー、いい馬主さんと巡り会えてよかったよね。でも今はハルウララもマーサファームでのんびり暮らしてるみたいでよかったー!

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000011-spnannex-horse

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 12:06:39 返信

    時期的にはジッピーチッピーの方が先というか
    ウララブーム仕掛けた人がこっちを参考にしたと言ってるんだよね

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 20:37:42 返信

      ハルウララのウィキペディアにもそう書いてあるね
      それがまさか、あそこまで全国的な大ブームになるとは予期しなかっただろうけどw

  2. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 12:07:54 返信

    他の国でもこういう事で話題になった馬はいるのかな?

  3. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 12:15:35 返信

    人並みのウマ娘。

  4. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 12:19:02 返信

    ハルウララにしろジッピーチッピーにしろ名前からしてもう強そうじゃないのがいい

  5. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 13:13:40 返信

    人間にすら負けてるのは流石に芝

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 18:00:04 返信

      サラブレッドは結構出足鈍いからね
      ごく短距離なら俊足な人なら案外勝負になったりする

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 20:49:18 返信

      人間に負けた馬と言えば昔大井にいたベルモントルビーがね

      まあ乗ってた的場のおじいちゃんが落ちただけなんだけど

    • 名無しのトレーナー 2019/02/28(木) 05:16:12 返信

      福本豊「ワシは勝ったぞ」

  6. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 13:27:54 返信

    フェリックス・モンセラーテさん、イイ漢だなぁ
    蹴られても噛まれても大切にし続けたとは、大いなる愛だ
    ジッピーチッピー、めっちゃ冬毛が似合う、ワイルドな味わいwww

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 15:34:38 返信

      そのフェリックス・モンテラーテ調教師は2015年に72歳で亡くなられたそうな

  7. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 15:23:41 返信

    なるほど誘導馬か…
    ハルウララも引退後のゴタゴタがなければ高知で誘導馬やれたのかなぁ

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 19:25:13 返信

      やっただろうねー それだけでお客さんよべただろうし

      • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 19:52:36

        牝馬は発情で他の競走馬が興奮しちゃうからセン馬しかなれないんじゃなかったっけ?

  8. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 20:30:55 返信

    ハルウララもそうだけど、
    負け続けていたってあくまで
    勝ちを諦めずに挑戦し続ける姿勢が
    人の心を打つんだねえ。

    • 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 21:08:18 返信

      阿寒湖「よせやい」
      未勝利「照れるじゃねーか///」

      • 名無しのトレーナー 2019/02/28(木) 00:21:48

        「勝ちを諦めず」が該当するか怪しいんだよなぁ…お前ら…

      • 名無しのトレーナー 2019/02/28(木) 00:32:21

        小倉城「未勝利に勝つために走ってるぞ」

  9. 名無しのトレーナー 2019/02/27(水) 21:06:39 返信

    現役時に出走を拒否した競馬場が誘導馬として受け入れというのも(・∀・)イイネ!!

  10. 名無しのトレーナー 2019/02/28(木) 09:39:00 返信

    高知でなら勝てなきゃおかしいレベルまで仕上げたやで!
    …あるぇ? 馬主さん、ウララどこやったのぉ?

トップへ戻る