【競馬】馬の手術や検査ってどうやるの?ローズキングダムが無事手術成功!

馬の手術は大変

体の大きい馬は手術をするにも一苦労です。ヴェルサイユファームで繋養されているローズキングダムは先日手術をし、無事成功!ツイッターをご紹介させていただきます。



競走馬ローズキングダム

ローズキングダムは2007年5月10日生まれの11歳。馬名の意味は「薔薇の王国」と、めちゃくちゃエレガント。

2010年のジャパンカップでは2位入線でしたが、レース後の審議によりブエナビスタが走行妨害で降着となり繰り上がりで1着に。2009年には朝日杯フューチュリティステークスを制しています。

2013年に現役を引退し種牡馬となりましたが、2018年に頭を強く打つ事故に見舞われ、この影響で麻痺が残ってしまい、種牡馬を引退。ヴェルサイユファームに移ることとなりました。

手術を頑張る

2018年10月19日にブリーダーズスタリオンからヴェルサイユファームにやってきたローズキングダム。

環境に次第に慣れてきていたものの、検査してみると舌骨に異常あることが判明…

詳しい検査の結果、手術を行うことに。

ローズキングダムファンの方からは沢山のお守りが届きました。手術が成功しますように!

そして迎えた手術当日。いいお天気でこりゃ手術もうまくいきそうな予感!

ローズキングダムの手術風景。広々とした手術部屋の天井にはクレーンが。

手術は無事成功!!!やったあああ!あとは麻酔から覚めるのを待つだけです。

ロ、ローズキングダムが立ったー!無事に麻酔から覚めて、立ち上がることも出来ました。


術後も順調

無事手術を終えたローズキングダム。暫くは注射が必要みたいだけど術後も順調。めっちゃ暇そうな顔がカワイイ。

そして注射終了!!

寒いからお洋服を着ているローズキングダムとティアラちゃんと言うらしい。12/7~12/10までだけとりあえず見学を再開とのこと!


馬の手術って大変なんだなと改めて実感。何もかもスケールがでかいから1つ1つの工程が大変だよね。特に麻酔から覚めて立ち上がる時の動画は緊張感が伝わってくるようでした。

11月末にはタイキシャトル、メイショウドトウがヴェルサイユファームに移動。今も元気に暮らしてるみたいです。フキフキされてるタイキシャトルかわええ!

コメント

  1. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 08:02:57 返信

    ローズキングダム、手術が成功し経過も順調でなによりです

  2. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 08:37:07 返信

    テンポイントから40年。
    獣医学も着々進化している。
    テンポイントが顕彰馬に選ばれたのは、医学面でも加味されてるようだ。

  3. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 08:46:18 返信

    ダイワメジャー「よく頑張った!」

  4. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 10:12:15 返信

    手術ってあれでしょ、Wiiリモコンで☆を描くんでしょ。1回の手術で1回しか使えないけど。

  5. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 15:17:05 返信

    薔薇一族初のG1馬だっただけに種牡馬引退は残念で某所では死亡説も流れたけど、タイキシャトルとメイショウドトウの様にこれからは長生きしてして欲しいもんだ。

  6. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 16:13:32 返信

    手術を行った先生のブログにも載っていますね。ローズキングダムの名前は出ていませんが
    https://blog.goo.ne.jp/equinedoc/e/aaeceffa9c792b12d71cde51db261e52

  7. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 16:18:00 返信

    手術を行った先生のブログにも載っていますね。ローズキングダムの名前は出てませんが
    骨ノミを入れてハンマーで叩いて切るようにして関節を外したそうです。

  8. 名無しのトレーナー 2018/12/09(日) 23:13:47 返信

    名前が格好いいから応援してたわ

トップへ戻る